• ホワイトYouTubeのアイコン
  • ホワイトTwitterのアイコン

京都男子より重要なお知らせ

最終更新: 2019年8月19日

平素より京都男子を応援していただき誠にありがとうございます。 メンバーの和知隼人が運営スタッフとの規約違反により、誠に残念ながら本日2019年3月20日をもって、京都男子より正式に脱退することとさせて頂きました。 規約違反の内容としましては、特定のファンに対して自らイベント外で会う約束を持ち掛け、密会するなどの私的な関係が活動中の長期にわたって続いていたこと、またグループ内部情報の漏洩等があったことを確認しております。相手の方に関しましては、既に運営より出入り禁止処分の措置をとっております。 本日まで数えきれないほど、和知隼人本人とはもちろん、他の3名の京都男子メンバーと話し合い、何度も熟考を重ねてきました。しかしながら、本日までの一連の諸事情を鑑み、今後グループとして活動をするにあたりグループメンバー及びスタッフとの信頼関係を維持することはできないと判断しました。また、和知隼人本人からもグループ脱退の申し出がございました。 今回の結果は非常に残念であり、運営の管理不足を痛感しているところでもあります。加入当時まだ十代の一般の男の子だった彼に対して、アイドルとして、表舞台に立つ人間としての意識を育てきれていなかったことを悔やんでおります。 このようなことになり、京都男子並びに和知隼人を応援いただいているファンの皆様に、深くお詫び致します。また、いつもあたたかく支えていただいているすべての関係者の皆様、ご期待に添うことができず、大変申し訳ございません。 今後のグループの活動につきましては、他の3名のメンバーで続けていく所存ですが、ライブ活動を一時休止させて頂く運びとなりました。期間としましては来月末まで、約1ヶ月間の休止を予定しております。5月以降の活動再開時期やスケジュールなどは決まり次第、改めてお知らせいたします。 以下、和知隼人本人と他メンバー3名からのコメントを掲載いたします。

—————————————————


 [和知隼人コメント] 

この度は、いつも応援してくださるファンの皆様、関係者の皆様に大変ご迷惑をおかけして申し訳ございません。

自分がしたことはもちろんしてはいけないことで、取り返しのつかない最低なことです。しかし、そのことについて自分の認識はとても甘く、ずっとみんなに平気な顔で嘘をついて活動を続けてきました。発覚した際に初めて、自分のしたことが他のメンバースタッフさんみんなの夢を邪魔したこと、信じて応援してくれていたみんなの気持ちをいとも簡単に踏みにじってきてしまったことに気付きました。自分は一生拭いきれない罪を犯してしまったんだなって遅すぎる気付きでした。文面や口では簡単に言えますが、その時点でもまだまだ事の重大さへの認識は低かったし、それは今もだと思います。 

今回の件が発覚してから今後どうするのかという話になった時、最初はまだ活動を続けることで何か自分にできることはないのかなって考えていました。でも話し合いを続ける上で、自分のその考えが浅はかであることに気付きました。どう考えても、もう自分がステージに立って良いわけがなかったんです。ずっとみんなを騙してきた自分が、一緒に活動を続けてきたメンバースタッフさん、支えてくれた関係者の方、何より応援してくれているみんなの信頼を取り戻せるわけがなかったんです。そしてワンマンライブを最後に脱退することが決まり、理由を発表しないまま残りのライブに出演することになり、こんな最低な自分の為にみんなに心配をおかけして、足を運んで頂くことになってしまいました。腹立たしいのも悔しいのも全部自分が迷惑をかけてしまったみんなの方だと分かっていても、その時はこれからどうして良いかわからなかったし、どうしようもできないところまで来ていることにすら気付けませんでした。正直今だってわかりません。

その中でワンマンライブまでの残りのステージ上で自分はどうあるべきなのかと考えた時に、正直最初は当たり障りのない感じでなんとかライブを終えようって思っていました。でもやっぱりステージに立つと、自分なんかそんな立場じゃないと分かっていても純粋に楽しかったです。もちろんステージ上の姿が良かったからといって自分のやったことは消えないし、許されることではないのですが、それでもファンの方の顔を見るとステージに立つ以上は誰よりも輝いている姿を見せたい、自分が一番目立っていたいと思いました。例えそれが嘘の自分だとしても、アイドルの和知隼人を最後まで突き通すことが最低限今の自分にできることだと思いました。その考えが普通に考えておかしい、気持ち悪いと周りから捉えられたとしても、自分はそういう思いで残りのステージに立っていました。

この発表が出てからみんなは全ての事実を知ることになり、ずっと理由を知らないまま応援してきてくれたのに蓋を開けたらこれで、この先ずっと自分が迷惑をかけた方達の様々な気持ちを消すことはできないと思っています。また今回の自分の不祥事でグループの活動を休止させることになってしまい、脱退してからも沢山の方に迷惑をかけることになります。もっともっとこのことについて重く受け止め、深く考えていくことが大事だと思っています。

改めて、今回多大なるご迷惑をファンの皆様、関係者の皆様、メンバースタッフさんにおかけしたこと、そしてこのような形で脱退することになってしまい申し訳ございませんでした。ありがとうって言える立場ではございませんが、これまで自分が活動を続けることができていたのは関わってくださった皆様のおかげです。ありがとうございました。


和知 隼人


—————————————————


 [室牛恒興コメント] 

この度は和知隼人の行動によりファンの皆様、今まで携わってくださった関係者の皆様にご迷惑をお掛けしましたこと、深くお詫び申し上げます。申し訳ございません。


初めてこの話を聞いた時、何もかも信じられませんでした。盛り上げ上手でいつも周りを明るくしてくれる、メンバーのこともファンの皆様のことも大好きで大事にしていた隼人だからこそ、信じたくありませんでした。あっきー、菊ちゃん、けんち、スタッフさん、ファンの皆様、そして隼人と作りあげてきた京都男子なのに何で?と悲しくなりました。今までこんなことは本当に一度もありませんでした。京都男子はこれからどうなってしまうのだろう、築き上げてきた皆様との信頼がなくなってしまう。たくさんの考えが頭の中をぐるぐるしました。

僕達がこの事実に気付くまでも、それからも隼人なりにたくさん悩んだのかと思います。そして僕達もこれまでのこと、これからのこと、その他たくさんのことを今日のぎりぎりまで悩みながら何回も何回も話し合いをしてきました。人間だから色々な感情があるのは仕方ないことなのかもしれません。でもそのまま何もなかったかのように、当たり前のように皆様の前に出ることは一番ダメなことだと感じました。彼にとっても僕達にとってもけじめが必要でした。こんな形で大好きな隼人が去らなければならないのは悲しいです。でも…。こうやって何回も葛藤してきました。正直今も整理はできていません。どんなに悩んでも正しい答えがないことも分かっています。

ただ今言えることは、僕は純粋に京都男子のことが大好きで、これからも続けていきたいと強く思っているということです。活動休止の期間はもう一度初心に戻るつもりで自分自身と向き合い、新たな自分を見つけるための充電期間としてもうけさせていただきます。

皆さんのもとへ絶対に戻ってくるので、どうか待っていてください。


室牛 恒興


————————————————— 


 [梅津健一郎コメント] 

この度はファンの方、関係者の方に多大なるご迷惑をおかけする事態となってしまい申し訳ございません。

隼人と僕は加入メンバーとして18年1月に、このグループに迎え入れて頂きました。そこから約1年間、一緒に活動を続けて来れたのは隼人も僕も、あの日からずっと同じ方向を見て走って来たからだと思っていました。これだけ一緒に過ごしてきた仲間のことなのに、なぜ何も気がつかなかったのか、何も気づけなかった自分も悪いと思っています。

でも、この一件で僕はメンバーである隼人のことを、いくら頭を下げられても許すことなんて出来ないし、何を話されても信じられなくなりました。彼と一緒の未来が急に見えなくなりました。活動中の長期間、僕たちメンバーやファンの方、スタッフ、関係者に隠し続けて彼はアイドルを名乗ってきたのです。もし発覚していなかったら、これから先もずっと彼は隠し続けていたのかもしれないです。謝罪して済む話ではありません。

目前に主催対バンライブやワンマンライブ、大事なライブを控えたタイミングで発覚した不祥事でした。ファンの方や関係者の方の気持ちを踏まえ、僕たちはワンマンライブまで一緒に活動することを決めました。この事実を隠して活動をするのが本当に辛かったし、何よりもファンの方や関係者の方に申し訳ない気持ちで頭がどうかなりそうでした。

彼が去った後も、この事実がグループを汚し続けるのは覚悟の上で、残されたメンバーで信頼を取り戻すことを決めました。必ず戻ってくるので、どうか時間をください。待っていてくださいなんてお願いはしてはいけないと思っています。でも、もし待っていてくれる方がいるのなら、とても心強いです。


梅津 健一郎


—————————————————


 [上終旭広コメント] 

この度は、グループのメンバーである和知隼人がとった行為で、多くの応援してくださるファンの皆様、関係者の皆様を裏切る形となってしまい、大変申し訳ございませんでした。


問い詰めて見ると彼はグループに加入して今まで、かなり長期間、ファンの皆様、メンバー、スタッフ、関係者に対し、嘘に嘘を重ね裏切っていたことがわかりました。

ここまでの仕打ちは生まれて初めてでした。

判明後の彼の開き直った態度も酷いもので、自分の凄さを豪語する姿、周りがいないとなにも出来ないのに、お膳立てしてもらってやっとステージに立たせて頂いていた身分なのに、それらの人に対してどういう気持ちなのだろうかと不思議でなりません。

もう彼に対してかける言葉は何もありません。


今回公に発表することに関しまして、メンバーで話し合いそう決断しました。

昨今のアイドルシーンを見ると、違反行為が発覚しても、公にせず続けるかもしくはあっさり軽い脱退の発表があるくらいなのが普通だと思います。

これくらいほっとけばよかったのに、というお声もあるかもしれません。

プライバシーもありますし細かくは言いませんが、かなりひどいものでした。

この様に決断したことからどれだけメンバーが彼を信用してたか、どれほどの裏切りを受けたか、理解していただけたらと思います。

賛否両論様々なご意見があると思います。何よりこの発表を出すことにより、グループのイメージは下がったに違いありません。


これからグループは暫く活動休止期間に入ります。またみなさんの前に帰ってきた際にはマイナスからのスタートになっていると思います。

それでも少しでも皆様からの信用を取り戻し、私たちのやるべきことをし、応援してくださる皆様に精一杯お応えし、自分を信じて頑張ります。

上終旭広は必ず帰ってきます。パワーアップして。その時まで待っていてくれる方がもしも、もしも、いらっしゃるならばとてもとても心強いです。


この件が発覚してから彼には、ライブには参加するが特典会は参加しないという扱いをしており、その間も応援してくださる皆様から様々な声がありました。そうせざるをえなかったのです。発表が遅れたこと、このような運びとなったこと、改めて申し訳ありませんでした。


上終 旭広


—————————————————


今回の発表を受けて、応援してくださっているファンの皆様、関係者の皆様には、それぞれ思うところや様々なご意見があるとは思います。皆様に事実を公表することは大変心苦しく、本日の発表を迎えるまでメンバー・スタッフ一同、非常に悩みましたが、メンバーの意思を尊重する形でこの決断に至りましたことをご理解ください。


いつも温かく見守り、応援して頂いております皆様には心より感謝申し上げると共に、引き続き京都男子への御声援賜われると幸いで御座います。


よろしくお願い致します。


2019年3月20日 


京都男子運営